家賃25000円のおうちにすみながら

暮らし

さて、うちは2万5千円の賃貸アパートである。

6畳間が2間、あとは申し訳程度のキッチンがついていて、ぼっとん便所と足をきゅっと折り曲げて入るお風呂がある。

これはこれで割りと満足しているのだが、プロフで宣言したとおり、無印良品の家に住もうと決めている。

家の外には、大家さんに了解を得て屋根のあるもの干し場を(夫が)作った。真冬は外に出たくなくて、室内干しが多かったが、やはり外のほうが乾くのだ。室内干しをしているころは、新しい家も室内干しをメインとしたいと思っていたのだが、今はやはり外のほうが気持ちがいいなと思っている。

当初はバルコニーを作らず、インナーバルコニーにしたいなと思っていたが、今はオーソドックスが一番という気分に戻っているから、やはり時間をかけて考えるというのは大切なことだ。

6畳間二つ。これは最初の状況だが、今は畳の上にタイルシートを貼っている。子供の粗相やいたずら、犬の粗相や穴掘りを防ぐためだ。つぎはぎ状態だが、効果は上々で、ずいぶん助けられた。タイルシートはホームセンターで1万5千円ほどで手に入れ自分たちで貼った。

お風呂は狭くシャワーもないが、お湯にちゃんと入る習慣ができてよし。夫はお湯に入る習慣がない中国人なので、いい習慣を覚えた。

片付けてないキッチン。天井は室内より1メートル弱は低くなっていて、184センチの夫はいつも首をすくめている。時折欄間におでこをぶつけては悶絶していてとても気の毒だが、151センチの妻は知らん振り。

キッチンに洗濯機をおいている。キッチンの右側はお風呂だ。お風呂からお湯を大きなバケツで5往復、洗濯に活用している。夫よありがとう。

室内図。壁に蒸篭がかけてある。時計はダイソーのもの。なんだかライトがねじれてる。

子供が穴あけちゃうので、ふすまは取り外して押入れのおくに。押入れはモノ入れとなり、ここに見えるのがわたしたちの持ち物のすべてだ。左に見えている仏壇コーナー(なのかな?)に木を渡して釘でうち、簡単な衣服掛けを作っている。手前に子供がおちている。

自然が多く、虫も多いところだ。嫌いではない。

お散歩も楽しんでいる昨今。

関連記事↓








コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

レビュー
業務スーパーで買ったもの

マンゴーの缶詰 98円 マンゴーって普通に買うと高いのに、缶詰にするとこんなに安くなる。 しかも何個 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。