レビュー●無印良品週間●みんなは何買った?キッチンタイマーをほめちぎるはなし。使える!

シンプルライフ

夫の靴下がボロボロになってきて、必要に迫られて隣町の無印良品まで行ってきた。
ユニクロでもいいかなあと思ったのだけど、いつも買っていて足になじんでいるこちらを。
穴が開いたものを3セット断捨離したので、3セット購入した。まったく同じものだ。
洗濯したあとに、選ばなくても、どのセットを選んでも問題ないのが楽だから。

お目当てのものはこちらだったのだけど、最近こんなお悩みがあったので、こちらを購入した。

鍋でお米を炊くときに、かつてあったタイマーが壊れてからは時計を見てだいたいの時間をチェックしていたが、うっかり忘れてしまう。

焦げ付いたこともあるし、よく安全装置が働いて火がとまり、ピーピーピーとガスコンロに呼ばれてしまう。

お風呂も同じ。ガスの給湯器だが、はっと気が付くともうお湯が熱すぎてちょっと待って入るとか、水をジャーーっと足してから入る二度手間と水の無駄が少し気になっていた。

そこで、キッチンタイマーが欲しかったのだが、無印良品のダイヤル式キッチンタイマーを考えたのだが、実はこちら過去になんども考慮して、いや、やっぱりやめようとなかなか購入に至ってなかったものだ。

店頭で何度も触るは触るのだが、10分に合わせるまでに3回くらい回さなければならないことや、すぐに回しすぎて行き過ぎてしまい、逆に戻す動きが必要になること。

それなら「1」「0」「スタート」と押すほうが楽だろうと、今まで何度か100円ショップのや、タニタのタイマーを買って使ってきた。

この度、店頭でいつものようにキッチンコーナーを物色し、やっぱりクルクルとスクロールしてしまうこちらのタイマー。

ふと見ると、お値段も下がっていた。

それに後押しされたように手に取っていた。だって、こんなに何年も気になっていながら使ってみないなんて、ちょっと変かなって思ったり。気になってる子を前に素直になれない中学生みたいだ。わたし・・

そしてとうとう、何年後しかで持ち帰ったこちら。パッケージもかわいい。速攻捨てたけど。

中には本体のほかに、電池と保証書兼説明書がついている。

冷蔵庫にマグネットでくっつけてみると、おやいいかんじ。

視認性がいい。離れていても時間がわかりやすいし、あと何秒でタイムアップだっていうのもわかる。

食材を使い切ったら書く買い物メモが適当でおはずかしい。

ツナ缶の文字が違うし、チーズと砂糖がなぜか中国語になっている。パット頭に浮かんだのを書いてるだけなので…

 

裏はしっかりとマグネットがついていて、わりと強力だと感じた。

真ん中は電池を入れる場所なのだが、ボタン電池の規格がちゃんと書いてあって中の電池を確認するまでもなくどの電池を購入すればいいかわかるのがいい。

実際に使ってみると、わたしが心配していたようなダイヤルがめんどくさいのではないかといった不安は解消された。

回すときのクリック感が楽しいことや、行き過ぎてもたった10秒である。戻すことも大した手間ではなかった。

また、わたしの使い方ではだいたい10分を図りたいので、あらかじめ10分に合わせればあとはいつでもスタートボタンを押すだけの1手間だ。

「1」「0」「スタート」の3手間のほうがよっぽどめんどうだったことを知った。

また、お鍋を火にかけて別のことをしながら後で見に来よう、なんてときに、細かい設定をしなくても、だいたい2回くらい回しておけばだいたいいい感じの時間でお知らせしてくれるというアバウトさも気楽だ。

10分に合わせておいて、食器洗いやお掃除の前にピッと押すと、ゲーム感覚で、時間内に終えようと頑張れる楽しさもいい。

シンプルでミニマルな外見が古いキッチンの中で輝いている。

おすすめである。

 



ソニー SONY アルカリボタン電池 水銀ゼロシリーズ LR44-2ECO
by カエレバ

 


ほかにも買ったものがあるのだが、キッチンタイマーについて熱く語りすぎたので、次回に。

よかったら、クリックしてね↓


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


インスタにも遊びにきてね。↓

pingguo+ptさん(@pingguo_pt)がシェアした投稿

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。